【むすび場つくば開催レポ】えんげき部 ~「平家物語」を読んでみよう第2回~


えんげき部では、8月に引き続き、9月12日もオンラインでの活動となりました。


活動内容は、「平家物語~那須与一~」を再度いっしょに読んでみる勉強会。


1つひとつの言葉に みんなで 引っかかりながら、

感想を言い合ったり、

その場でインターネットで調べあって、チャットのやり取りをしたり…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ★『尋常に飾ったる小舟一艘』

  ‐ 尋常に飾るってどういうこと?

  ‐「尋」も「常」も長さの単位なんだって。

  ‐もともとは「普通」という意味で、「普通である」=「上品である」という意識か 

  ら、見苦しくないことや、立派な様子も言うようになったそうで。

  ‐「普通」=「上品」?!この時代から、日本文化の「普通」は「目立たない」ってこ

  とだったのか。   ‐「尋常に」飾ったのは、平家の小舟。このタイミングでは、平家のほうは公家っぽ  

  い。ゆるくてセレブな感じ。

  ‐源氏側は、緊張感があって荒々しくてワイルドな感じ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★『晴れならずといふ事ぞなき。』  →現代語訳『晴れがましくないということはない。』 

  ‐原文は「ぞ」で強調されてるぞ。

  ‐否定の否定だから強調?! 

  ‐そもそも「がましい」って何?

  ‐みんなからいろんな「がましい」が続出。「未練がましい」、「おしつけがまし

  い」、「恩着せがましい」、「おこがましい」。あまりいい意味に使われないね。

  -練習じゃなくて本番ぽい、ハレ。大一番、見せ場ってことが言いたいのかな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他にも、与一が矢を射る前に祈った神々の話から、山の話、世界の宗教の話になったり、ゲームの話が出たりと、話題の絶えない参加者たちなのでした。



参加者どうしで相談した結果、次回は、


自分が想像した登場人物のキャラクターや、お話の中に出てくる武器・武具などを、各自で描いたり作ったりすることになりました。


朗読に合わせて、カメラの前にそれぞれの作品をズームイン!

オンラインならではの劇づくり企画に、「何つくろっかな~」「だれにしようかな~」と、わくわくしています。



















ある参加者がその場で描いて見せてくれた「平家の女房」のイメージ。 想像を超えた「那須与一」物語に乞うご期待♪ 

閲覧数:37回